歯の色素沈着&やるしかない完璧な歯磨き





一日2回の散歩時間が、朝は早く&夕方は遅くなっていくので。


19287.jpg

昼間は、ひたすら眠って過ごす雫。
暑い時限定☆
 ↑ こちらのドライブゲージがお気に入りだ。




今朝は、


19288.jpg

末っ子バルが、散歩途中に立ち寄ってくれました ^^☆




19289.jpg

真っ黒姉妹が、ボ~ッと眺めている前で





19290.jpg

楽しそうにボール遊びをしていましたヨ♪
体つき&顔立ちが、しっかりしてきたので





19291.jpg

↑ 右端のティファが、一番幼く見えるな ( ̄∇ ̄;)





ここで本題☆

sizuパパが、非常~にマメな性格な事もあって。
雫&ティファの毎晩の歯磨きは、見事に欠かさず続けられている。

私は、午前中担当。
毎日は出来ないので --; ← 反省中。

歯石が出来てしまうと言われている、3日はあけないように続けている。

歯周病のティファのその後ですが・・・。

要注意の箇所は、全て維持できていると思う。
でも、ノーマークだった右上顎の奥歯に







まさかの色素沈着があった。
人間だったら、完全に虫歯と言われるだろう状態だ。
歯と歯茎の境い目ばかりを気にした結果とも言える。


今のところ、痛みはないようだし。
針も奥に入る様子もないので、大丈夫だろうと自己判断している。


「いつからこうなってた?」と問われても、答えられない。

これを、雫&ティファがお世話になった歯科専門医に診せたら、また言われるのだろうな。

「よく努力しているのは認めます。
でも、結局はしっかり磨けていないんですよ」 と。
|||(-_-;)||||||


これを見つけた一昨日からは、私ももう一度、歯磨きの基本に戻ってケア中だ。
ティファ、こうなるまで気がつかなくて、本当にごめんね。






スポンサーサイト

毎度お騒がせな、真っ黒姉妹&ティファの歯科治療について








雨上がりの午前中☆
いつもより遅い時間に散歩へ行ったので、




17204.jpg

ティファが、家庭訪問をはじめてしまった ^^;
そう、わざわざ遠回りをして、トライアングルゾーンへと行ってしまうのだ。
※トライアングルゾーン=雫&ティファを可愛がってくれる、ゆめちゃん&ももちゃん&サリー家の所






17205.jpg
17206.jpg

久しぶりにいっぱい自由に遊ばせてもらって

17207.jpg

大満足だった雫&ティファ☆


夕方散歩は、自宅を出て間もなくサリーを見つけて

17208.jpg

猛ダッシュ o(>▽<)o






17209.jpg

偶然☆ モモちゃんママにも会えたり♪

17210.jpg
17211.jpg
17213.jpg

↑ やがて☆ バルも合流して、みんなで一緒にお散歩 (^○^)

サリーのリードを持ちながら、前にカメラを出してみたら・・・?

17212.jpg

何だかとっても嬉しそう~♪ ヾ(●⌒∇⌒●)ノ

また一緒に☆ 寄り道散歩をしようネ! (*^m^)o==3




~ ~ ~ ~ ~





ティファの歯磨き☆ 朝晩2回、夫婦で分担して頑張っています。
今週に入って、ようやく『溶ける糸で縫合』されていた患部が、全て落ち着きました。
糸が完全になくなるまで、1ヶ月かかるものなのですね ><!


17214.jpg

歯茎を剥離して縫合した3箇所は、特に慎重に。
ちょうど ↑ 指で触れている前歯の内1本は、歯がぐらついています。

今さらなのですが、全く同じ物を食べて、同じケアをしているのに。
何で、こんなにも雫と差が出るのだろう・・・? 
こんな思いが浮かんでしまいます。






17215.jpg

これも、ティファの弱さなのでしょう。
歯を残す事にこだわった私達の選択が、間違っていなかったと言える為にも。
出来る限りのケアは続けてあげようと思います。



疑問に思われた方が多いので・・・。
雫の破折の時も、今回のティファの歯周病治療も、仮にかかりつけ医で治療を行うとしたら
『抜歯』 しか出来ません。
それはそれで、間違っていないと思います。 ティファだって、今回抜いた部分を放置したら下顎骨折をする所でしたから・・・。

また、過去記事にも書いて来ましたが、これらに気がつかないで自然と抜けてしまう子も多いと思います。
それも、他の疾患に繋がらなければ大丈夫なのでしょう。

担当医ともじっくりと話しあった上で、これらの治療は全て、『歯を残してあげたい』 の一心で病院を選び受けました。
最悪、犬の歯は噛み千切る為の歯さえ残っていれば、問題ないです。
全ての歯を失っても、食べられている子も多いんですよね。 ←丸呑みしても消化できるので☆

これらの事も受け止めた上で、犬の歯だからと言って簡単に失っていいとは思えなかったから、治療を受けたというのが我が家の出した答えです。









歯磨きオタク






ティファがまさかの『歯から膿』騒動からはじまった、今回の治療。
これからは、自宅でのケアで現状維持をしていかなければならないのだが、2週間の間にこんな事を考えていた。

犬も歯と歯茎の境目を磨く事が大事という割に、人間用にはある極細毛歯ブラシとか、ヘッドが小さくて毛が柔らかい物ってあまりないよね・・・???と。




17114.jpg

自身が歯磨きオタクの私は ^^;
ひそかにこれはと思う商品を、手当りしだい試してもいた。
ちなみに右の商品は、毛先は合格なんだけど、ヘッドが大きくて第4前臼歯ぐらいしか上手く磨けない --;






17119.jpg

そしてやっと☆ ティファに使える!と思ったのが






17118.jpg

↑ この3点☆ (ペースト&ジェルは必需品)
ブラシ2点は、先日病院内でじっくり選んだ商品だ。





17117.jpg

これらを使って磨くので、時間がとてもかかるようになった。

歯ブラシは、同じライオンの商品なのに、人用よりも確かに柔らかくティファの歯茎に優しいと思う。
F院長とライオンの共同開発商品なのだそうです☆

でもね、、、





17115.jpg

1本700円(税抜き)は、犬にも歯磨きを♪ と薦めるお値段とは・・・
言い難い。

我が家で愛用中だったアンパンマン歯ブラシよりも、毛が柔らかいので使わざるを得ないのですが、もう少しだけでもお手頃価格にならないかな・・・ (● ̄  ̄●)






おまけ♪

少しずつ固形物へと切り替えようと思っていますが、

17116.jpg

まだまだティファ用のおやつ&サプリは粉状にしている。
こんな時は、やはり・・・

17112.jpg
17113.jpg

リカティースティックに助けられています・・・♪
↑ 舐める液体おやつ








ティファの歯科通院日








一昨日(土曜日)は、ティファの通院日だった。


17097.jpg
17099.jpg
17098.jpg
17100.jpg

病院近くの公園で、気分転換の散歩を楽しんだ後・・・






17101.jpg
17102.jpg

↑ 表情が一変するティファ ( ̄_ ̄ i)
わかりやすいですよね ^^;





17103.jpg

術後の経過は順調で、このまま自宅でケアを続けてOKとなりました ^^

2週間前の手術の日。
実は、F院長のはからいで、インターペットに来ていた女医さん&ライオンの担当の方と再び会う事が出来た私。
ティファのオペと術後説明にも、一緒に立ち会ってくれていました。

そんな経緯もあって、一昨日は、女医さんからティファの今後のケアについて1本1本丁寧な説明をしてもらった。
普通は、ここまで言わないそうなのですが ^^;  
我が家がパーフェクトケアをするのを前提に、アドバイスをしてくれました。
(こちらについては、後日記録を残すつもりです)






17104.jpg

ほっとした後は、ご褒美に♪ 再び運動公園散歩をし





17105.jpg

自宅方面へと車を走らせた。

寄り道散歩もしようと♪




17106.jpg
17107.jpg

酒々井アウトレット経由で帰ったので、雫が一番ご機嫌だったかな?!
22日金曜日から今週末まで夏物のバーゲンをやっているので、いつもに増してにぎわっていましたヨ☆

ドッグデプトでは、『名物光景』 とささやかれている !(*≧m≦)=3




17108.jpg

雫のデレデレになる姿が見られて・・・





17109.jpg

私も、にんまり笑顔になれました ^^☆







おまけ♪

17110.jpg

一度撮ってみたかった・・・






17111.jpg

↑ 真っ黒姉妹の写真 (*´∇`*)








歯周病手術記録





きっかけはインターペットのオーラルケアセミナーで知った、今回のティファの歯の状態。
術前の説明では、膿が出ていた箇所を中心に進められていた。
高い確率で抜歯と言われていたのだけど、出来れば残してあげたいと、F院長には伝えていた。


17041.jpg

手術の結果は、歯周病が予想を上回る悪い状態となって出ていた。
一番大切な歯を残せたものの、2本の抜歯。  
ここは、既に骨が溶けてしまっていた為に、どうにもならなかったようだ。

そして、歯石沈着がない綺麗な歯も、上下に渡って数か所の歯槽骨が溶けており、歯周ポケットが深いのだと指摘された。
本来ならば、抜歯をするべき状態。 
私達が『ケアを出来る』を前提に、残してくれた。






17042.jpg

非常に悪い状態の歯は、4本。
(右下の犬歯の隣 2本) (左上第四歯臼歯&隣の2本)
ここは、歯肉を剥離し薬を入れて1針ずつ縫合されている。

この他に、歯周ポケットが深くて注意の箇所を、2本指摘された。
(左上犬歯の裏) (左下の1本)

これらは、今後の私達のケア次第では再手術。






17043.jpg

膿が出ていた所は理解できるのだけど、こんなに綺麗な状態なのになぜ・・???
と思ったのだけど。

要するに、歯磨きを『している』『出来ている』は違うのだと気がついた。
思わず、
「何で、この綺麗な状態で歯周病になるのかがわからない・・・。 これから、どうやって磨けばいいのですか?」
と言ってしまう。






17044.jpg
↑ 下の犬歯横の2本は、非常に悪い状態。

答えはこうだった。
歯ブラシでちゃんと歯磨きをしていても、歯と歯茎の間にブラシの先が入っていないと意味がない・・・。
私自身が、歯肉炎になった時に、散々歯科医に言われた言葉そのものだった。

「それって、歯と歯茎の間を斜め45度にブラシを当てて小刻みに動かす・・・ って事ですか?」と院長に問うと、正にその通りなのだと言う。
歯を綺麗にするのでは、全く意味がないのだそうだ。

何だかガックリと力が抜けた。 
ティファは歯を綺麗にしていただけで、歯と歯茎の境目は磨き残しばかりという事なのだから。

磨く時間は、長ければ長いほど良いのだそうだ。  
たしかにね、長くしっかりケア出来れば完璧に落ちるもの。
(↑その子が、歯ブラシ使用の歯磨きを出来る事を前提のお話です)






17040.jpg

出来ないじゃない。 やってあげるしかない我が家は、夫婦で心を入れ替えて、1日2回の正しい歯磨きを続ける事に決めた。

そして、参考までに。
現在の雫は全く口臭がありませんが、ティファは膿が出ていた事もあり、わずかながらに鼻にツンと来る口臭がありました。
気にならない範囲とはいえ、現在のティファが全く口臭がありませんので、こういう事でも歯周病ってわかると思います。

また、歯のレントゲンが撮れる or 歯科専門医が通える範囲にないと、これらの治療を受ける事は難しいと思います。
雫&ティファが日頃通っているかかりつけ医では、歯周病だと診断してもらう事は、こちらから言わない限り&重度でない限り出来ません。

知らずに歯周病を放置して、飼い主さんが気づかぬまま、そこそこの年齢で抜けてしまう子も多いのだろうと思います。
犬の歯科治療(手術)は、数千円・数万円で済むものではありませんので、我が家と同じ治療を勧める事も出来ません。
でも、ティファのようなケースもあるのだと、知って頂くだけでも違ってくると思います。

我が家も、折を見てもう一度☆ 雫も診てもらう予定です。

どうか、それぞれの家庭にあった方法で、上手にケアをしてあげてくださいね。


※F院長が書いた こちらのサイト(リンク有) 勉強になりますヨ ^^











☆覚え書き☆
ティファは、術後3日目から、抜歯&縫合していない部分のみ歯磨き可。
でも、患部に当たって出来ない場合は、術後2週間までお預け。







プロフィール

sizu

Author:sizu
[飼い主]
性別:女性
職業:愛犬の部下
生年月日:12.7
好物:お菓子
特技:ピアノ弾き♪
性格:おだてに弱い

[ワンコ]
名前:雫
性別:女の子
職業:癒すこと
生年月日:H18.1.7
好物:ヨーグルト、鮭皮、さつまいも、一口もらえるアイス
特技:坂道ダッシュ
性格:甘えん坊 近頃、少々頑固

名前:ティファ
性別:女の子
職業:雫の妹
生年月日:H19.11.9
好物:納豆、かぼちゃ ・・・とにかく本物嗜好
特技:暴走
性格:負けず嫌い
H20.4.6に新しい家族として迎えました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


ブログ内検索
リンク