FC2ブログ

再診 記録 2/15  (雫の血尿・膀胱腫瘍)  








今日は、朝からかかりつけ医へ。

76715.jpg
76716.jpg

雫の血尿経過、膀胱腫瘍経過、諸々を含めた検査だった。


自宅で採尿し、検査に出した結果は

76718.jpg

回復傾向。
だけど、まだ赤血球が出ているので、感染症にかかっている状態。
今後も要注意。

今回は、話し合いの下で、いつもの血液検査項目を縮小して・・・。
早期に腎不全がわかるという、話題の「SDMA」検査を受ける事に。


76717.jpg

雫に腎不全の兆候はありませんでした。
BUNが高めなのはいつもの事で、これは手作り食や取り入れているドライフードのタンパク質含有量に準ずるものと理解している。

雫には、胆泥もある上にこういう食事内容にしているので、私の判断で必要以上タンパク質を摂取しないよう、肉、魚系のおやつはあげてもごく少量。 一週間を通してみても、ほとんど与えないようにしている。


そして、一番気になる膀胱腫瘍は




76719.jpg

昨年8月発見当初 1cmを超えていたものが

2019.10.14  L 0.98 cm
2019.12.15  L 0.91 cm
2020.02.15  L 0.73 cm

更に小さくなっていた。



引き続き、ウルソ、スカパール、リマダイル、サイトテックを飲ませる。
次回の診察は、2ヶ月後。





76720.jpg


「腫瘍が悪いものだったら、とっくに悪さをしている」と言う。
今日で腫瘍が見つかって半年。 はじめて院長から「良かったね」の言葉も出た。

まだまだ雫と一緒に、頑張りますよ!!




追記   
フィラリア検査 陰性   
今年も、ネクスガードスぺクトラを選択した。






スポンサーサイト



血尿と安静







8日・土曜日


一昨日(土曜日)は、急遽かかりつけ医へ行く事になった。

76703.jpg

最初は、寝起きの排尿時(6:55)に少量の血液が混じっている事に気がつき、様子を見ていた。
10時過ぎに立て続けにトイレに行くものの、少量しか出ず、その尿が真っ赤になった時点で相談の電話をしたのだ。
「すごく待ちます」と言われたのを承知の上で、午後の診察開始時間に行ったものの・・・ 運悪く本当に待つはめになった。
2時間を経過した所で、仕事帰りの夫もかけつけ






76705.jpg

↑ほっとした表情の雫。
更に2時間半待って呼ばれた結果






76709.jpg
76708.jpg

細菌が含まれての血尿だとわかった。 (自宅で採取した尿を提出)
私が一番恐れていた膀胱腫瘍からの出血も少しあると思われるものの、土曜日の時点では大事に至るものではないと受け取った。(血尿の中に少量の膿も混じっている事から判断するようだ)
また、写真掲載は控えますが、尿内に血の塊のようなものが毎回見られていたのですが。
それは、出血部分を覆っている「かさぶた」のようなものがはがれおちた物だと教えてもらった。

夜から パセトシン (感染症) トランサミン (止血) を1日2回 8日間飲ませる事になった。
1週間安静にし、15日(土曜日)に検査予定。

ウルソ、スカパール、リマダイル、サイトテックも引き続き服用。 本当は、これに加えて整腸剤もすすめられたのだけど・・・。
これ以上増えると(この時点で6種類)飲ませるのが大変なのと、雫はおそらく下痢はしないだろうと予想し控えさせてもらった。



排尿を促す程度のお散歩は良いとの事でしたので。



9日・日曜日

昨日は、お買い物ついでに

76707.jpg

気分転換のお散歩へ♪


今朝(10日・月曜日)も、下痢もせず止血剤も効いて、いつもどうりの尿に戻っています。





 


続きを読む

通院日







76634.jpg

『温活』とまではいかないものの、雫の体を冷やさないように、これまで以上に気をつけるようになった。
果物も野菜も与えるおやつも、糖分量を自分で食べて確認し、納得したものを与えるようになった。







76635.jpg

調子が悪い時は、散歩もお出かけもお預けにして、自宅でゆっくり休ませた。







76636.jpg

ストレスフリーな毎日を過ごして臨んだ昨日は、






76637.jpg

雫の通院日でした。

10月は、ホームメイドの食事で過ごしていた事。
11月はじめに、台風で浸水した自宅敷地の土を舐めた事により、嘔吐からはじまった激しい下痢になった事。
それからの体重減少が激しく、体重管理が出来なくなってしまい、ドライフード(オリジンフィッシュ)も与えている事。
かかりつけ医の予約が取れず、他院で下痢止めを処方してもらい、肝臓数値を下げる薬&膀胱腫瘍を小さくする為の薬を1週間休薬していた事を伝えた。







76638.jpg

検査来院する度に、腫瘍が少しずつ大きくなっている不安と、今後への不安 (症状と通院予約の事も含む) も全て話した。

血液検査は





76642.jpg
76643.jpg

掘り下げればひっかかかる点があるけれど、↑ こんな感じ。


心雑音、胆泥症は変わらず。





76639.jpg

膀胱腫瘍が、角度を変えた画像を見ても小さくなっていた。
首の皮1枚つながった気分だった。






76640.jpg

次回は、2ヶ月後。
リマダイル、サイトテック、ウルソ、スパカールも2ヶ月分で出してもらう。






76641.jpg

まだまだ雫と一緒に、のんびりな毎日を送れそうです (* ´ ▽ ` *) 。



※写真は、14日・土曜日 旭市の海岸散歩 & 昨日15日・日曜日 通院時の様子です。


続きを読む

膀胱腫瘍とこれからの事









14日・土曜日

やっと訪れた我が家の三連休。
近所の方と顔をあわせれば、『大丈夫でしたか?』と、台風被害の有無を確認しあう一日。

家屋の被害はないのですが、長い間、真っ黒姉妹やお友達と遊んでいた我が家のプチドッグラン。


76508.jpg

裏庭へ続く入り口を塞いでいたラティスを、







76509.jpg

全て撤去しました。
残念ですが、年々酷くなる災害に備えての事です (´・_・`)
休み中は、これらの片づけをしながら過ごす事になるかな・・・。



そして、今日は

76510.jpg

朝からかかりつけ医へ。
雫の検査を含む通院日でした。
↑ 写真は、毎度お馴染みの光景☆ 『つきそいなのに、一番ビクビクしているティファ』





この1ケ月、なんかすっきりしないな・・・とモヤモヤしていた事が解決。

76511.jpg

雫の腫瘍は、腎臓ではなく膀胱にありました。
膀胱腫瘍です。


ここからは、少し重い内容になります。 
読まれる方は、あくまでの『雫』の症例に対するものとしてご覧くださいね。


雫の腫瘍は、1ヶ月前と、ほとんど大きさに変化がなかった。
だけど、その膀胱腫瘍の位置が良くないのだと言う。


その上で、今後の治療方針の話になった。

積極的な治療として
1つ目は、
膀胱、尿管全摘出。  

2つ目は、
今後腫瘍が大きくなると、尿障害が起きる。  ←腎不全など死に至る。
起きる前に、尿道ステントオペをする。


淡々と説明された事をそのまま書きだしても、何とも言えない気持ちになる。

組織を取って、悪性かどうかの有無を調べる話も出た。 (←方法としては、尿道からカテーテルを通して採る。) だけどこれも雫の場合、難しいのだと言う。
院長の(見立てと医師としての勘もあるのかな、、、)  ポリープ状に見えるとつぶやいていた。
だとすると、それは非浸潤性の良性腫瘍の可能性がある。

↑ 同じ事言われるだろうけどね・・・とした上で、セカンドオピニオンを受けたいのならば、膀胱癌の積極的治療を行う病院(
この時、2つの病院名を言われた) を紹介するよ、とも言われる。

膀胱全摘はもちろんの事、尿道ステントにしても、尿は常に垂れ流しになる。

ここで実際に院内で治療を受けた子の症例も見せてもらった。
ステントオペ後の状態は、ごめんなさい。 私には受け入れがたい姿だった。
少し前になるけれど(2014年と記載があった) かかりつけ医の医師(院長ではありません。お名前を伏せます)が学会発表した論文も見せてもらった。

尿道ステントを入れても、1匹は3ヶ月後 通院時に永眠。 もう1匹は、術後自宅で飼い主さんと普段と変わらぬ余生を送り、180日後に永眠との記載を見て、私の決意もほぼ固まった。

院長もあくまでも自分個人の意見として言っていたけれど。 私も同意見で・・・
全摘もステントを入れるオペも受けさせたくないと思った。 そこまで延命させる意味が、雫には見い出せないからだ。


悪性であっても、良性であっても、今より腫瘍が大きくなる事で命を落とす事になるのならば・・・。
積極的治療の身体的、精神的負担を考えたら、それが命の終わりを早める事になっても、雫とこのまま一緒に過ごしたいと伝えた。


我が家が決めた今後の治療は、こうだ。
消炎剤を引き続き飲ませて、腫瘍が大きくならない事を願う。 大きくなった時が最期。

それがいつまで続くかは、雫の運と生命力にかかっている。
次回の診察は、1ヶ月後。

おかげで、心臓の事や肝臓の数値の事や、諸々の不安要素が吹っ飛んでしまった。
日々、闘いとは言いたくない。 日々、勝負だ。




76512.jpg
baru&tifa&sizuku

夕方、久しぶりに三姉妹の連なって歩く姿を見た。
ゆっくり歩く今の雫でいい。 一日でも長く、この姿を眺めていたいと思った。







プロフィール

sizu

Author:sizu
[飼い主]
性別:女性
職業:愛犬の部下
生年月日:12.7
好物:お菓子
特技:ピアノ弾き♪
性格:おだてに弱い

[ワンコ]
名前:雫
性別:女の子
職業:癒すこと
生年月日:H18.1.7
好物:ヨーグルト、鮭皮、さつまいも、一口もらえるアイス
特技:坂道ダッシュ
性格:甘えん坊 近頃、少々頑固

名前:ティファ
性別:女の子
職業:雫の妹
生年月日:H19.11.9
好物:納豆、かぼちゃ ・・・とにかく本物嗜好
特技:暴走
性格:負けず嫌い
H20.4.6に新しい家族として迎えました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


ブログ内検索
リンク