雫の皮膚疾患  ~膿皮症~








※記事中に皮膚疾患写真が出て来ます。
 苦手な方は、読まないで下さいね。



毎年、6月・7月の湿度が高い季節になると、何かと皮膚トラブルを抱えてしまう雫☆






14001.jpg

それ以外は、今朝も元気に早朝散歩へ行き♪






14002.jpg

食欲も旺盛☆ 







14003.jpg

自宅でも、時折☆ ドタバタと大暴れをして元気いっぱい♪
夏バテとは無縁な毎日だ。


でも、やっぱり今年も皮膚疾患にかかってしまった。
先月から、ダニーちゃんに刺されたり、顔に気になる箇所が見つかった事もあって、暇さえあれば雫のボディチェックをしている矢先の事だ。






数日前に、体を触っていると数か所にポツンと虫刺されのような、感触で言うと『小さな胡麻』に触れる感覚があった。

私が神経質すぎるのか???
と、先週末の1件もあって、病院に連れて行くのをためらっていた。



そして、今日・・・


13997.jpg
13998.jpg
13999.jpg

頭、背中、腰・・・ざっと見つけられる範囲で8ヶ所。
↑ フケのような皮膚を取ろうとすると、皮膚ごと周りの毛が抜けてしまった・・・ --;


もしかして、遠い昔にお友達の愛犬がかかった、膿皮症の症状と同じではなかろうか?
かかりつけ医に急いで電話をし、夜の最終診察受付ギリギリに間に合わせて診てもらう事に。




診断結果は、予感的中☆ 膿皮症でした。

でも、雫の場合は毛艶・皮膚の状態も良く、ごく初期の段階。
考えられる原因は、(雫の場合です) もともとこの季節に弱い事から、湿度・食べ物等の何らかのアレルギー反応ではなかろうかとの事。







14000.jpg

今夜から、ステロイド剤(プレドニゾロン)を3日間。
抗生剤(シンプリセフ錠)を7日間。 服用する事になった。







13996.jpg

フロントラインの投与も予定どうりで大丈夫。
シャンプーも今までどうりに2週間~3週間に1回、愛用中のシャンプー剤でOK。
・・・ただし、皮膚が赤くなる等の異常が見られたら、病院で処方予定。
ブラッシングは、スリッカーブラシはやめて、柔らかい動物の毛のブラシでおこなう事。
一番気になっていた、ティファにうつらないか? これも全く問題なし。


という事は、他犬との接触もOK♪  
ついでに週末の旅行も大丈夫か?と聞いたら、『全く問題ないでしょう』とのお言葉が☆




今回も、早期発見&治療に救われた・・・。


病院に行く前に、ネットで色々調べていたら、膿皮症にも軽いものから重いものまである事を知った。

雫は現在、かゆみも感じる間もなく治療を受けさせているので、すぐに良くなる事でしょう。
薬を飲んで、毎晩恒例のおやつタイムも済ませて、今は隣でぐっすりと眠っています・・・♪









スポンサーサイト
プロフィール

sizu

Author:sizu
[飼い主]
性別:女性
職業:愛犬の部下
生年月日:12.7
好物:お菓子
特技:ピアノ弾き♪
性格:おだてに弱い

[ワンコ]
名前:雫
性別:女の子
職業:癒すこと
生年月日:H18.1.7
好物:ヨーグルト、鮭皮、さつまいも、一口もらえるアイス
特技:坂道ダッシュ
性格:甘えん坊 近頃、少々頑固

名前:ティファ
性別:女の子
職業:雫の妹
生年月日:H19.11.9
好物:納豆、かぼちゃ ・・・とにかく本物嗜好
特技:暴走
性格:負けず嫌い
H20.4.6に新しい家族として迎えました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2013年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
リンク