オーラルケアセミナーで知ってしまった事 (インターペット・日曜日編)











日曜日のインターペットでは、ひょんな事から、いつもは素通りしてしまうセミナーを受ける事になった。
ライオンと歯科治療で実績のある、F病院医師によるオーラルケアセミナーだ。
F病院とは、雫が破折の治療を行った病院。  
F院長から、これまでた~っぷりと歯科指導を受けた私には、どんな流れで行うのか?およその察しがついていた。


マイクを持った方が、以下の内容を話はじめた。

3歳以上の成犬の80%が、歯周病にかかっていると言われる事。
歯周病が進行し続けると、外歯瘻になり、皮膚に穴があく事。
内歯瘻になると、歯肉に穴があく事。
ひどい症例だと、下顎骨折になる事。

なので、日々のケアが大切・・・ ライオン製品を使って(歯磨きシート)のケア方法を説明。

硬いおやつやおもちゃを与える事によって、破折になってしまう事。

今流行りの無麻酔歯石除去は、おすすめできない事。


F院長が、かつての私に指導したままの内容でもあった。



16987.jpg

そして、セミナーの流れにそって、実際にティファにも歯磨きシートでケアをしてみる。
この時の私は、ティファの口腔内を見て
「ティファの歯、こことここに歯石がついているんだよな・・・でも、他は綺麗だからいいか♪」
と、のん気に構えていた。

6歳8ヶ月のティファちゃん。 
雫と違って、歯石がつきにくく、一度だけ上顎の歯2本の表面を無麻酔歯石とりをした事があるだけで、本格的な歯科処置を受けた事がない。
無麻酔歯石とりを受けてしまった事に関しては、後にF院長より、お叱りを受けました --;

こんな調子なので、ティファの歯への危機感はゼロだった。 

この時までは。
 



セミナーでは、事前に飼い主さんに了承を得たというティファと同い年の小型犬が前に出て、口腔内をモニターに映しながら歯科チェックを行っていた。
飼い主さんはケアをされているようなのだが、歯石の沈着が結構あって、下顎前歯や犬歯は歯肉の状態も悪く抜歯になると告げられていた。
そう、犬の場合は、人間のような「根っこの治療」←これでわかるかな?を根気よく行う事も出来ないので、大抵のケースの場合は、残念ながら抜歯になるのだ。

雫のように破折による歯髄壊死まで起きたのにもかかわらず、奇跡の根治が出来たのは、F院長が診た症例の中でも稀なケースなのだ。
そもそも、そこまでの治療を望む飼い主さんも多くないと思いますが --;


やがて、司会者の方が

「6歳以上の子で歯のケアをしていなくて、お口を触らせてくれる子はいませんか?」 と言った。

すごく興味があったけれど、ティファは毎日ケアしているよ・・・ダメか、 と思っていると。

「ケアしていてもいいですけど・・・」 と言い換えたので、

はい♪ と、思わず手をあげてしまった。

16988.jpg

ティファを差し出し、モニターをガン見していると、予想どうりの箇所の歯石沈着を指摘された。
でも、非常に歯が綺麗なのだと言う。  

まもなく一言。

「ここから膿が出ていますね」


(・_・)......ン?



16989.jpg

歯から膿が出ている様子が映し出された。

直後のトークは、もう覚えていない。 頭が真っ白になってしまったからだ。 
ただ最後に

もしかしたら、歯髄壊死も起きているかもしれないので、一度ちゃんと歯のレントゲンが撮れる病院で診てもらってくださいね。
と言われた。

あれだけ気をつけていたのに、今度はティファか・・・。

情けないやら、悲しいし。 ただただティファに申し訳なくて、泣きたくもなった。
この治療が、最悪な結果だと、どんなに大変かを知っているから・・・。
雫なら耐えられても、免疫力のないティファに同じ事は求められないじゃない。
そう思うとやるせなかった。 自分が。





16990.jpg

自宅に戻って、何度も何度も膿が出ている箇所を見た。
何となくだけど、理由がわかった。

そして先ほど、ある医師に相談していた回答を頂いた。

歯の全体的バランスは非常にキレイで歯周病や歯肉炎、歯石のない綺麗な歯です。
ところが、右側下顎のP3とPの4だけが大きくえぐれて歯周病となっています。
その歯は重要な歯ではなく、またその部位から重要な歯に影響するには時間がかかります。
全体的な評価としては、それはなにかおもちゃや固い物を噛んで過去に出血し、それを放置したために歯周病を生じたというものであり、本来の体質的なものではないように感じます。







いつの事だか覚えていないけれど、たしかに出血していたのを見た記憶がある・・・。
また私のせいだ。

偉そうな事も何も言えない。 
何で、同じ事を繰り返すのだろう・・・。
ティファ、本当にごめんね。

今後の治療は、根治目指してやってあげるつもりです。

でも、今回ばかりは、私が立ち直れそうにない・・・。

※セミナー時の写真2枚は、バルママ撮影です。









スポンサーサイト
プロフィール

sizu

Author:sizu
[飼い主]
性別:女性
職業:愛犬の部下
生年月日:12.7
好物:お菓子
特技:ピアノ弾き♪
性格:おだてに弱い

[ワンコ]
名前:雫
性別:女の子
職業:癒すこと
生年月日:H18.1.7
好物:ヨーグルト、鮭皮、さつまいも、一口もらえるアイス
特技:坂道ダッシュ
性格:甘えん坊 近頃、少々頑固

名前:ティファ
性別:女の子
職業:雫の妹
生年月日:H19.11.9
好物:納豆、かぼちゃ ・・・とにかく本物嗜好
特技:暴走
性格:負けず嫌い
H20.4.6に新しい家族として迎えました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2014年07月 | 08月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
リンク