FC2ブログ

大きなお友達の事










先日、お友達のブログめぐりをしていた時。。。
ドキリとさせられる記事を見た。 

お散歩中に遭遇したはじめましてのラブラドールに、そっと愛犬二匹(我が家と同じM.ダックス姉妹)を会わせた所
突然、二匹とも相次いで首をかまれて、もちあげられてしまった・・・と。 

引き離すのに必死だった事。 相手の飼い主さんは、ラブちゃんを怒るどころか、すみませんとだけ言って立ち去ってしまった事。 
もちあげられたという事は、歯をたてたという事なので、痛々しい傷口の写真と共にその様子が記されていた。


読んでいて、何だかすっごく腹がたってきて・・・(ラブちゃんの飼い主さんに対してですよ)
私だったら、絶対にその場で怒りをぶつけてしまっただろうな・・・と思った。

それと同時に、雫だったら、トラウマの上にトラウマを重ねてしまって大変な事になっちゃうな。
ティファだったら、心が壊れておかしくなっちゃうだろうな。
と、色々な事を想像してしまった。







8838.jpg

我が家のブログを見続けてくれている方はご存知でしょうが、私は大型犬がだ~い好き♪
出かけた先でも、気になる子を見つけると、飼い主さんにお願いしてすぐに撫でに行ってしまうくらいだ。

ティファは、相手が温厚であれば、大きさを問わず仲良くできる子なので、接触させる事も多い。

一応、私の中での持論があって。
必ず自分が撫でてみて、ティファをしゃがんで抱っこの状態で近づけ、双方の反応を見てからですけどね。 

抱っこの状態で会わせるのは、ティファは嫌だと思うと素早く逃げてしまうので、追いかけられて押さえつけられたりする危険回避の為です。









8839.jpg

雫&ティファのお友達の、サリーちゃん♪(アイリッシュセター)

大きなお友達なんだけど、3ワンをフリーにしても安心して見ていられるのは、サリー家の目配りがあっての上に成り立っているんだよな・・・と改めて思った。

雫&ティファにも、サリーちゃんが本気で遊ぶ時は近づかない等の、暗黙のルールのような事はじっくりと教えてきた。
おかげで、雫は常にサリーちゃんの動きを見ながら上手に避ける事も学んでいる。 アイリッシュ特有の動きにも、見事に対応できるようになった。 アイリッシュパンチだって避けられるヨ・笑
ティファは、マイペースなままだけどネ ^^;

一方で、サリーちゃんも、雫やティファと一緒の時はパパ&ママが厳しく躾けていたものね。

うっかりぶつかろうものならば一喝されていたし、ワン♪と吠えちゃおうものならば、瞬時に叱られていた。
特にティファがヘルニアになった直後は、細心の注意をはらって見てくれていた事を覚えている。








8840.jpg

お友達わんこは別として、通りすがりのはじめましてのわんこ同士との対面は、『絶対大丈夫』という事はないんだよね。









8841.jpg

私も改めて、その事を常に頭に入れた上で、これからの出会いを大切にしていこうと思う。

でも、、、

いかなる理由があったとしても、相手の子に歯をたててしまったのだから、飼い主さんは、相手の方に対しても自身の愛犬に対しても最後までケアしてあげるべきだよね。
傷つけられた方は、そのまま帰られちゃったら、ずっとしこりになるんだよ。
噛んでしまった子だって、これではいい悪いがわからないまま、きっとどこかで同じ事をやってしまうと思うよ。








体の大きさがどんなに違っても、相性が合う子同士ならば仲良くできるはずなんだから・・・。







☆おまけ~懐かしい写真☆


8842.jpg

生マスティフ♪ 大きかったネ・・・! 90キロ&4.3キロ☆



8843.jpg

サリーちゃんと仲良しのティファ☆



8844.jpg

まさかの『二度目まして』の再会となったマスティフのルーク君と☆


そして最後は、私の一番お気に入りの動画☆

[広告] VPS



逆の立場から言えば、仲良しのめんこい家の手の平サイズのvery達から見たら、雫達だって大きなお友達になっちゃうんだよね。

どうか、みんなといつまでも仲良しでいられますように・・・☆









 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは☆
マスティフ大きいですね~
色んなワンちゃんがいて
とても楽しそうです^^

こんばんは~☆

記事を読ませて頂いて、あ然としてしまいました(>_<)怪我をしたダックスちゃん達は大丈夫かな(>_<)体もそうだけど、心も傷ついたよね…(;_;)
相手のワンちゃん…かわいそうですね…飼い主さんがしっかりしない限り、同じ事を繰り返す可能性がありますもんね…(-"-;)本当に怒りが湧いてきます!!

仲良しのお友達同士でも、全部の状況で仲良くいくという訳ではないですもんね…。我が家もパニックになって、けんいちがゆうたを噛んだ事があったので、お互いが興奮してる時は特に離すように気をつけてます。

sizuさんや、サリーちゃんご家族のように愛犬の事をしっかり理解して対応してる飼い主さんって、残念ながら少ないと思います…。愛犬の為にも、気をつけながら愛犬のペースでお友達と触れあわせていかないといけないですね(>_<)

怪我をされたダックスちゃん、早く良くなって心の傷も癒えますように!

身体の大きさの違いは、お互いそれぞれにとっては遊びのつもりでも、思わぬ大けがや大変な事態を招きかねませんものね
身体の大きさに関わらず、やはり他人、他犬と接触させる時は細心の注意を払いたいものです。
初めましてならもちろんのこと、慣れた子同士でも気を抜かず。
万一のことがあってはいけないけど、もし起こってしまった時には誠意を持って対応したいし、して欲しいですよね

私もたぶんその場で怒りをぶちまけると思います。
というか、噛まれはしなかったけど飛びかかられたりして
実際に怒りをぶちまけた経験も多々…(^_^;)

ノエルが中型犬以上が苦手ということもあり
危険防止の意味もあって、よっぽど知ってる方以外は
中型犬以上の子には、たとえ相手がどんなに大人しい子でも
近づかなくなりました。

ダックスだって相手が変われば十分大きな子になってしまいますものね
小さい方の立場だけではなく、大きいほうの立場にもなることもあるということも考えなければいけないですよね

sizuさん、こんばんは~
確かに、sizuさんのおっしゃる通りですね。
体格差があるときはなおのこと、
お互いの飼い主さんが気をつけて
お互いを気配りしてあげるのが
大事だなぁって思います。
ひと言謝って立ち去ってしまった飼い主さん、
きっと、後味悪かったのではないかな?
傷つけてしまったときは
責任持って対処しなければ、
それぞれの子に大きなしこりが残りますよね。

雫ちゃん、その後いかがですか?
嘔吐、おさまって
元気になってるといいのですが・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます♪
読んでいてドキドキしてしまいました。
友達のワンちゃんも(ビーグルなんですが)
舎人のランでラブちゃんに咥えられて振り回され怪我をしたのですが
ラブちゃんの飼い主さんはワンコ同士のことだからと
軽く扱われてしまったそうです。
噛まれた子は今でも心に大きな傷が残っているの。
大きさの違う子とのお付き合いは
お互いが気をつけてこそいい関係が生まれるのですよね。

我家はどちらの立場にもなった事があるので
なんと言って良いか…。

sizuさんがティファちゃんを抱いた状態で
挨拶させるのは相手の飼い主さんも安心だと思います。
大型犬は抱く事が出来ないので…。
警戒し合っている2匹を見ると
『お願いだから抱いてあげて!!』と思う事があるんですよ。
ドッグラン等のフリーな状態では 小さな子が逃げ出すと 
どうしても追いかけてしまって
そうなると呼び戻しもきかないし こちらもパニックです…。
サリーが小さな子を追いかけた時は
心臓が口から飛び出そうでした…。

我家が何度かした苦い経験の相手の子達が
どうしているかな…って今でも顔が浮かんで気になります。
どうかワンちゃんの心の傷が癒えてくれますように。

みんな凸凹トリオのように仲良く出来ると良いのにね。
我家は『仲良く』は諦めて 『無視する』事を教えています。
ちょっと淋しいけど…^^;

怖いですねi-201
話を聞くだけでも怖かったですi-181
うちははなが大きいワンちゃんが絶対駄目だから近くに居たらすぐ抱きかかえますi-202
大きいワンちゃんで大丈夫なのは近所のお友達2頭だけ
でも確かに大きさが違うから飼い主さんたちは凄く気をつけてくれますi-228
ほんとそのダックスちゃんたちの心の傷、心配ですねi-181

最後の動画すごく可愛くて楽しかったですi-179

遅くなりました・・・お返事です ^^☆

v-238トイプードルさんへ
めったに見かけないマスティフに
アイリッシュセター☆
こんなお友達に囲まれたらにぎやかで
楽しいですヨ~笑


v-238さえさんへ
お友達のダックスちゃん。。。
我が家と違って大らかな姉妹なのです。
それが救いとなっているような気がします。
どんなに仲良しの間柄でも、目配り&マナーが必要
ですものね ^^
私も、これからはもっともっと自分にも周りにも
気配りが出来るように努力しようと思います☆


v-238ノエルママさんへ
ラブちゃんは、遊びの範囲だったのかもしれませんが、
突然噛まれて持ち上げられた方は、
痛くて怖くてたまらなかった事でしょう・・・
我が家も、雫がすぐにパニックになってしまうので、
いつもピリピリしっぱなしです ><
大丈夫と確信できるまで
遠目にしか会わせられません。
お友達のダックスちゃんも『おとなしい』と言われて
いたラブちゃんが相手だったようです。
何にしても、『絶対大丈夫』という事は言い切れません
ものね。
私もより一層の気配りが出来るようにしていきたいです。


v-238IKKOさんへ
おっしゃるとうりに、立ち去った飼い主さんは
後味が悪かったと思います。
『もうここにはこれないな』と言ったそうですから・・・。
同じ場所に行く、行かないの問題ではなくて、
ちゃんと相手と話す事で、双方の気持ちがずい分
落ち着いたのでは・・・?と、やるせなくもなりますね。
~雫は、おかげ様でまたいつもの元気な雫に
戻りましたヨ☆
嘔吐もなくなりました ^^


v-238チーちゃんさんへ
チーちゃんのお友達も、同じ思いをなさったのですね ><
どれだけ痛かったか、怖かったのかと、想像するだけで
悲しくなっちゃいます。
ワンコ同士の事だからこそ、飼い主さんの
目配りが必要なのに。。。
お友達のビーグルちゃんがトラウマを抱えて
しまうのも無理ありません(涙)
せめて、わが子をしっかりコントロールできる
だけの気配りをみなさんが持ってくだされば、
嫌な思いをする子が減るのに・・・
私も、もっともっと気をつけていこうと
思いました。


v-238サリーmamaさんへ
どちらの立場も経験された方こそ、
相手の心にも入り込める優しさをもてるように
なれたのではないでしょうか・・・。
私、以前書かれていたブログの記事の内容を
今でも鮮明に覚えていますよ。。。
ずっとずっとサリーmamaさんに気にかけて
もらっている子達は、きっと立ち直って元気に
していると思います。
サリーmamaさんの思いは十分、飼い主さんにも
相手の子にも伝わっていますから。。。☆
大型オーナーの方達の本音って、すっごく私には
ありがたいです。
やはり、抱っこして挨拶させるのも危険回避に
つながるのですね ^^
我が家も、相手のワンちゃんと接触できるのは
ティファだけでして・・・^^;
雫には、それこそ相手を見せないようにするのに
必死です。
それでも突然近づけようとする方がいらっしゃるので、
そんな時は、失礼を承知の上で制止しちゃいますよ ><
『近づけないでください!!!』と、
何度言った事か・・・><


v-238そらはな母さんへ
はなちゃん、いつもしっかりママに守られていて
安心していると思いますよ ^^
仲良しの間柄でも、双方の飼い主さんが
しっかり見ている見ていないでは、全く違って
きちゃいますものね。。。
私も、これからももっともっと目配りをしてあげられる
ようにしようと思います。
~私のお気に入り動画☆
笑って見ていただけたら、本望ですよ~!・笑

プロフィール

sizu

Author:sizu
[飼い主]
性別:女性
職業:愛犬の部下
生年月日:12.7
好物:お菓子
特技:ピアノ弾き♪
性格:おだてに弱い

[ワンコ]
名前:雫
性別:女の子
職業:癒すこと
生年月日:H18.1.7
好物:ヨーグルト、鮭皮、さつまいも、一口もらえるアイス
特技:坂道ダッシュ
性格:甘えん坊 近頃、少々頑固

名前:ティファ
性別:女の子
職業:雫の妹
生年月日:H19.11.9
好物:納豆、かぼちゃ ・・・とにかく本物嗜好
特技:暴走
性格:負けず嫌い
H20.4.6に新しい家族として迎えました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2020年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


ブログ内検索
リンク