これでも、殺処分・・・なのですか?









本日2つ目の記事です。
写真は、本文とは全く関係がありません。 今日の散歩時に撮った雫&ティファの写真です・・・。








今日(日曜日)は、外をたっぷりと散歩で歩いて体が冷えたからだろうか?
熱いラーメンが食べたくなって、あるお店へと車で向かった。

わが家がお店に着いたのは、午後1時半。 お昼を過ぎていたにもかかわらず、味に定評のあるお店には、次々とお客さんが訪れにぎわっていた。

ここのお店は、私の両親ほどの年代のご夫妻が自宅を利用して開いている。
もちろんお二人で切り盛りしており、アットホームな雰囲気が大好きで、私もsizuパパもファンの一人である。

私達は、入口に一番近い席に通された。
オーダーをして、間もなくの頃だろうか・・・。

外から、低く唸るわんこの声が聞こえた。
入口のドア左側に、いつも小さな小型犬がつながれている。 
この子は人懐こくて、つい数分前には私もいっぱい撫でて触った。

その奥に、もう1匹つながれている子もいる。 
いつもは、入口からは見えない所にある犬小屋の中で丸くなっているのだけど。
今日は、手前の小型犬よりも、奥に立つ木の前にいた。

いずれも、あえてお客さんが近づかない限り、店内に入る時には触れられない距離だ。

瞬時に、どっちの子の声?
そう思ったけれど、それっきり、気にならなくなっていた。


すると、間もなく、男性の方がドアを開け・・・

『犬に噛まれたって言っているんですけど』 

と、店主(奥さん)に伝えた。

慌てて外へ飛び出す奥さん。 血相を変えて、ただ事ではない雰囲気だった。
厨房にいたご主人も間もなく呼ばれ、どうやら救急車を呼んだ様子。
奥さんの目に涙が浮かんでいたのも見た。

店内にも明らかに動揺が伝わり。。。
でも、お客さんは、ただただ黙って座ってやり過ごしていた。


長い、長い、時間だけが過ぎているように感じた。

食べ終わった席のお客さんも、お会計をせかすわけでもなく・・・
来ない料理を待つお客さんも、決してイライラするわけでもなく・・・

合間に、外と厨房を往復しながらご夫妻が接客をこなしている姿が、切なくもあった。


12609.jpg


そんな時間を過ごしながら食べたラーメンは、相変わらず優しい味で、たまらなく美味しいと思った。
食べながら、私も思う事があった。 
愛犬が人を噛んでしまうなんて、とても他人事とは思えなかった。

そして、お会計の時に小さい小さい声で一言。


「どうか・・・ワンちゃんを叱らないであげてくださいね。 お客さんが行かなければ届かない所に繋いでいたのですから・・・私は、お客さん側にも非がないとは言えないと思うんです。」

奥さんは、私の言った一言に、感情が抑えきらなくなったのだろう。
あふれる涙をウワッと流して、厨房に入ってしまった。

どうしよう、と思ったけれど、私も厨房に入って驚くご主人にもう一度、同じ事を伝えた。


今度は二人に泣かれてしまった。




12610.jpg




少し話を伺った所、手前にいた小型犬ではなく、お客さんは奥に繋がれていた子に噛まれたのだそうだ。

そして、その子は噛んでしまったのは二度目。
保健所より、今度噛んだら殺処分という事になっているのだそうだ。

今書きながら、保健所? 保健所にそんな殺処分を決める権限ってあったっけ?
とも思うのだが、ここには、私の知らない深い事情があるのかもしれません。

ただ、お店の外に繋がれている状況から考えても、奥にいた子に噛まれるというのは・・・。
どう考えても、噛まれたお客さんの意志で近づいて触っている。
それでも、殺処分なの?!
と、解せない部分があった。

「とてもラーメンを作っている場合ではないんだけどね・・・」
涙を浮かべてご主人が言った。
人気店で遠くから来ている方もいるだけに、店内にいる方の分だけは、、、と必死だったのでしょう。

私は、
「わんちゃんを守ってあげてください。 噛んでしまったのには、理由があるんです。 ドアから手の届く所に繋いでいた訳ではないじゃないですか。」
ここまで言うのが精一杯だった。

何かあったら、保健所の方に証言して頂けますか?と言われたので、もちろんです、と伝えた上で、連絡先も書いてきた。

何だか、こうしてここに書いていても、心がすっきりしない。
これでも、あの子は殺処分なのか?

そう思うと、考えただけで悲しくなる。


「噛まれたお客さんの傷は、深いのですか?」と聞くと、噛まれた手を引いた時に、切れたらしい。

あの唸り声は、その時のものだったのかな。
唸りながら、何かを伝えていたはずなのに。 

私も、、、唸り声が耳から離れそうにない。



※外に繋がれている2匹の犬種名、店名は、伏せさせて頂きました。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

保健所から警告されるようなことがあったのかもしれないけど
こちらから近づかない限り届かないようなところにいる子に
なぜあえて近づいたんだろう?と不思議に思いますよね
それで万一本当に処分なんてことになったらと思うと胸が苦しいです。
保健所かな何か言われたとしても
なんとか守ってあげて欲しいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いつも楽しく拝見させて頂いております。
今回の記事で涙してしまいました。
噛むのもいけませんが、何か噛まれた原因もあるかもしれません。。
二度と噛まない様にお客さんが触れない所で飼うとか方法はないでしょうか。
言葉を話せない犬を何とか守ってあげて欲しいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます(^^)

チビ達が訓練所に入っている時に、ニュースで大型犬が散歩の途中で歩行者を襲って怪我をさせてしまったという話をトレーナーさんとしていて、この子殺処分だね…とトレーナーさんが言っていたのを思いだしました。噛み犬が一番訓練が大変、被害が出てしまってからじゃ遅い…とトレーナーさんは真剣な表情でした。過去に生徒さんの犬が処分されたそうです。噛んでしまったこともいけないけれど、人目に付かないところで過ごしていたのだし、唸っていたのに触ろうとするのは言っては悪いかも知れないけれど、被害者にも落ち度があったはず。ちゃんとこの子は意思表示をしたのだから!!保健所としても殺処分なんてしたくないと思います…学生時代に保健所に職業体験で行った友達から悲惨な現状を聞いたのでなんとも言えない思いです…(>_<)
とても他人事とは思えません…。どうか、尊い命が救われますように!!

他人事ではないな…と思いながら何度も読み返しました。
店主ご夫妻はsizuさんに声を掛けられて 
少しホッとされたのではないでしょうか。
証言をお願いされたという事は
ご主人は殺処分を望んでいないと思うのですが…。
どういう選択をされるか解りませんが
出来ればその犬の寿命を全うさせてあげたいですね。

v-238ノエルママさん&Cさん&
ブラタンダックスママさん&Sさん&さえさん
&サリーmamaさんへ

とてもコメントしずらい内容に、メッセージをありがとうございました。
今日まで、もしかしたら・・・と気にかけておりましたが、
わが家の電話が鳴る事はありませんでした。
愛犬が噛んでしまったという事は、噛まれた相手の心情やケアも
あっての事ですので、私自身も店主からの連絡がない限りは
見守り続けるしかないのかな・・・と、現在はなす術がない状況です。

噛んでしまったわんちゃんは、柴犬ちゃんです。
この日は、もう1匹のポメラニアンのケージを洗って
外に干していた為に、たまたま犬小屋の前ではなく
ポメラニアンの後方にある木の前に繋いでいたのだそうです。

シニア世代のご夫婦が営んでいるお店ですので、営業時間も
11時半~14時半までの3時間。  
夕方からは、わずか1時間半のみ&週末だけ開いています。
まさかその短い時間内に、柴犬ちゃんの方へもお客様が
手を出すとは、想像もつかなかったのかもしれませんね。

入店前に、私も手前のポメラニアンちゃんとは
撫でながら遊んでいました。
その時は、奥にいた柴犬ちゃんは寝ていました。
この二匹の距離は3メートル以上離れており、柴犬は
私の胸元ぐらいでしょうか?
高い位置に繋がれたまま寝ていたのを記憶しています。
何度この状況を思い浮かべても、なぜ更に奥にいた柴犬ちゃんに
近寄って手を伸ばしたのだろうか?と、
不思議でなりません。

ブログ内には書ききれずにいたのですが・・・。
私が守ってあげてください、の言葉を伝えた時、
『2度目ですので、、、私達の思いだけでは、どうにも
ならない部分があるんです』
と、泣きながらご主人がおっしゃていました。

『今度噛んでしまったら殺処分』と言われた背景には、
1回目に噛まれてしまった方との感情的なトラブルが
あったのかもわかりません。

今はただ、柴犬ちゃんが守られている事を願うばかりです・・・。

最初、アップした時に読んで
なんか・・じーんときちゃってコメントできずにいました。
で、その後どうなったのか気になりまして・・
どうか、どうか、殺処分にはなりませんようにと手を合わせるばかりです。

最近は足を運んでない場所ですが
人気のあるカフェがあるんですよ。そこのランチを食べたくて
開始時間前にたくさんの方が庭先で順番待ちをするんです。
奥の方には芝犬らしき老犬がハウスもそばにあって繋いでいるんですよ
いつもおとなしく
吠えもしないでいるんですよ。でもね、「危険!近くには寄らないで」と立札に書いてあるんです。
でも、手を出し『可愛い』と言ってるお客様も見かけます

お店の方がそういう立て札を書かれても触れる方もいらっしゃる訳で
生き物ですからね、かまれる原因もあったように思うんですよ。

sizuさんが現場を見てるからたまらない気持わかります

今日ね、散歩の様子の記事を読み、思い切って
泥んこになっても構わないと!散歩に連れていきましたよ。
本人たちが嫌がったら戻ればいいと思いましたが
楽しそうに歩きましたよ。いい運動でしたっ
プロフィール

sizu

Author:sizu
[飼い主]
性別:女性
職業:愛犬の部下
生年月日:12.7
好物:お菓子
特技:ピアノ弾き♪
性格:おだてに弱い

[ワンコ]
名前:雫
性別:女の子
職業:癒すこと
生年月日:H18.1.7
好物:ヨーグルト、鮭皮、さつまいも、一口もらえるアイス
特技:坂道ダッシュ
性格:甘えん坊 近頃、少々頑固

名前:ティファ
性別:女の子
職業:雫の妹
生年月日:H19.11.9
好物:納豆、かぼちゃ ・・・とにかく本物嗜好
特技:暴走
性格:負けず嫌い
H20.4.6に新しい家族として迎えました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブログ内検索
リンク