批判する前に読んでほしかった、かかりつけ医の事。








この週末は、時々小雨が降ったりやんだり・・・ --;  
fc2blog_20150831083400d2b.jpg
すっきりしない天気だった。


土曜日は、

19772.jpg
19773.jpg
19774.jpg

お昼前にのんびりと、運動公園散歩を楽しんだ。

昨日・日曜日は、




fc2blog_2015083108331661e.jpg

待ちくたびれモード全開のサリーと、





fc2blog_20150831083153a1b.jpg

遊びに行っている訳ではなく ^^;






fc2blog_2015083108324381b.jpg

ティファの大嫌いな恐怖の館かかりつけ医へ ^^
両家それぞれ別の理由で訪れたのですが、待ち時間が和気あいあい?!

おかげ様で、あっという間に用事を済ませた気分になれました♪



ここからは、今日の本題☆

ティファのワクチン接種の日にちを決める為に、かかりつけ医のHP検索をしようと思った時の事。

偶然にも、動物病院の口コミサイトを開いてしまった。
1つのサイトは、非常~に良い事ばかりが書かれており、目を通した私も共感できる部分が多かった。
もう1つのサイトは、何だか感情をあらわに、赤裸々に綴られた口コミが4件。
思わずじっと読んでしまい、そして、考えさせられた。

我が家の周辺の病院に限ってでしか言えませんが。

正直、医療&医師のレベルには、思いきり差があるように思う。
雫は、これまで地元3ヶ所+県外の専門医1ヶ所の4ヶ所に通った事がある。


それこそパピーの頃は、私が徒歩圏内で行ける&そこしか知らなかった事もあって、通っていたA病院。

A病院は、当時4ヶ月の雫に、豚骨を食べるように勧めたり --;
↑ 無知だった私は、真に受けてしまい・・・。
おかげで、数週間後から激しい嘔吐を繰り返し、高脂血症なんて診断をされました。


果てに、フロントラインなんて物がある事も教えてもらえず、雫についたマダニを、笑顔でホルマリン漬けにするような医師だった。

ここは、いい加減に私もおかしいと気がつき、通うのをやめました。
後に病院から電話がかかってきてしまい --; あまりのしつこさに、亡くなったとウソをついて縁を切っています。


2件目のB病院は、お値段も非常~にリーズナブル。 
肛門腺絞りを2匹でワンコインでやってくれていた事もあり、今年3月まで通っていた病院だ。
雫もティファも、若い時は気がつけなかったのですが・・・。
治療内容&使う薬が少し古い・・・のである。  
高度医療技術に対応もしていない、いわゆる町のお医者さんといった所だろうか。



そして、3件目が現在のかかりつけ医。
我が家では、雫の数々の皮膚疾患・破折の初期処置・軽度のヘルニア・諸々の腫瘍摘出手術。
ティファは、長く続いた原因不明の嘔吐・ヘルニア・尻尾の壊疽&壊死の進行による断尾手術。

ここ数年は、立て続けに、これらの治療でお世話になった。

なので、批判の口コミサイトを見て、何とも言えない気持ちになったのだ。

例えば、深夜の緊急連絡先の利用について。
これは、本来は「24時間誰でもウエルカム」の電話ではない。  
現在何らかの疾患でかかっている子の為の、緊急時対応の番号だ。

これを理解できず、やみくもに利用してしまえば・・・医師だって人間だもの。 
感情的になってしまう事もあろうかと思う。

私は、実際にティファの断尾の時にかけた事がある。
深夜に縫合部が開き骨が見えてしまった時に、とんでもない2時とか3時という時間だったけれど、親切にアドバイスしてもらった。

そして翌朝、開始時間よりもはるかに早くに、担当医の院長自らが対応してくれた。
その時の受付&看護師さんの対応も優しくて、それだけで救われた記憶がある。

元旦の夜に、ティファが動けなくなって、夜間診療を受けた事もある。
その時も、嫌な顔をせず、対応してもらった。

これらと本当に同じような状況下で、クレームを書いているのだろうか?

また、私自身も当ブログで、「セレブ病院」というワードを用いた事もあるけれど。
こののどかな地域で、あれだけの医療設備を整えていれば、妥当な額なのでは?と思う。

雫もティファも無保険なので、1回の入院&通院&オペで25万超は普通にありましたよ。
去年は、雫の入院&手術 ・ ティファは歯科専門医での手術が重なり、50万を超えています。
それが払えないというトラブルがあるから、治療額の話が出るのではないでしょうか?

今年に入っても会計時に、払えないトラブルに遭遇した事がありました。
町のお医者さんでは、払える時で良いですよ、なんて言葉もあるのでしょうが。
かかりつけ医で求めるのは、少し違うんじゃないかな。
その為に動物保険もある訳だし、そんな時こそ、病院を使い分けるのも一つの選択肢だとも思う。

同じ医師と繰り返しコミュニケーションをはかる事で、信頼関係も生まれると思う。

病院や医師を選ぶのも飼い主の自由だけど、その前に、上手に病院にかかる術もあるんじゃないかな。
相性の合う医師と出会えれば、どんな治療でも安心して任せる事が出来ますよ。
愛犬を愛おしいと思えば、治療費もしっかり「わんこの為の節約貯金」で対応出来るようになれますよ。

あとね・・・我が家だから言えるかも。 
お守りと思って、保険は続けておけば良かったな ^^;

思いきり批判をした飼い主さん達に、読んでほしいな、このブログ。





おまけ♪

今日は、
19775.jpg

久~しぶりにモモちゃんママ家へ





19776.jpg

突撃訪問♪
雫もティファも、ドタバタ走り回って喜んでいました ^^





スポンサーサイト
プロフィール

sizu

Author:sizu
[飼い主]
性別:女性
職業:愛犬の部下
生年月日:12.7
好物:お菓子
特技:ピアノ弾き♪
性格:おだてに弱い

[ワンコ]
名前:雫
性別:女の子
職業:癒すこと
生年月日:H18.1.7
好物:ヨーグルト、鮭皮、さつまいも、一口もらえるアイス
特技:坂道ダッシュ
性格:甘えん坊 近頃、少々頑固

名前:ティファ
性別:女の子
職業:雫の妹
生年月日:H19.11.9
好物:納豆、かぼちゃ ・・・とにかく本物嗜好
特技:暴走
性格:負けず嫌い
H20.4.6に新しい家族として迎えました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
リンク