診断結果







今日は、朝一番でかかりつけ医へ行って来た。
当初は、ティファの外耳炎再診が一番の目的でしたが・・・。

ずっと心の中でもやもやしていた、雫の目についての相談をした上で、急きょ眼科検査を受ける事に。

その検査内容は、後に録画映像と画像モニターを見ながら丁寧な説明がおこなわれた。
雫の目には、まだらにと例えれば良いのだろうか? 部分的に水晶体に白濁が見られた。

白内障の中でも、初期の局所的な白濁が広がる 『未熟白内障』 では・・・?との事だった。

・・・視野にムラがあるというのか? 見え方がおかしいと感じた謎が解けた気がした。

一番心配だった緑内障の疑いは、眼圧検査により消去。
気になる事として、検査の為に強い光を当てたのにもかかわらず、瞳孔が開いたままだったそうだ。
実際にその映像も見せてもらった。 
・・・何で???

もう一つの可能性として、SARDS(突発性網膜変性症)の事も告げられた。

・・・これは私の中で緑内症の次になってほしくないと思っていた事だったので、言われた瞬間に凍りついてしまった。
SARDSは、治療法がなく早くに視力を失うからだ。


先の踏み込んだ治療(検査含む)を受けたいと望むのならば、眼科専門医(T診療室)を紹介するとも言われた。

~ ここから書く事は、想定内の事だったけれど。  今日一日、ずっと考え込んでしまう事となる --;

白内障を完治させたいと思うのならば、水晶体の濁りを取り除き&レンズ=人工水晶体を入れるオペを眼科専門医で受ける。
または、かかりつけ医で進行を抑える目薬を処方してもらい、点眼を続ける。 
この2択。

ただし、点眼には諸説あって、
『眼球に薬が浸透する訳がない・・・点眼は効かない』  ・・・これを言うのは関東の医師
『薬は眼球に浸透する・・・点眼効果あり』 ・・・こちらは関西の医師

分かれるのだと言う。

これをどう捉えるかは、それぞれの医師の信者によって賛否両論だ・・・とも --; でも、そうなるよね。
私はどうするかな・・・? 
しばし沈黙の後に、

『仮に・・・今後SARDSになるとして、白内障進行防止剤の点眼を続けるのは悪い事なのか?』 と問うと
「悪い事ではない。 愛犬の為に、何もしないのではなく、何かしてあげたいと思うんだろうね。 そういう人はやっているよ」

この一言で、点眼を続けてみようと思った。
『やった方がいいと思うよ』 ぽそっとつぶやいた院長の感が当たればいいな、、、と、密かに願った。

話合った内容は、かなり省いての記録となりますが。  
次に眼科検査を受ける時に、全ての視力を失うSARDSでない事を願いつつ、雫のケアを続けようと思う。
きっと大丈夫‼︎

72755.jpg
Photo by kaorin

写真は、昨日(金曜日)のお台場散歩での1枚です ^^
楽しかった様子は、後日のお楽しみに・・・☆



ライトクリーン 初発白内障進行防止点眼 1日3回 はじめる









スポンサーサイト
プロフィール

sizu

Author:sizu
[飼い主]
性別:女性
職業:愛犬の部下
生年月日:12.7
好物:お菓子
特技:ピアノ弾き♪
性格:おだてに弱い

[ワンコ]
名前:雫
性別:女の子
職業:癒すこと
生年月日:H18.1.7
好物:ヨーグルト、鮭皮、さつまいも、一口もらえるアイス
特技:坂道ダッシュ
性格:甘えん坊 近頃、少々頑固

名前:ティファ
性別:女の子
職業:雫の妹
生年月日:H19.11.9
好物:納豆、かぼちゃ ・・・とにかく本物嗜好
特技:暴走
性格:負けず嫌い
H20.4.6に新しい家族として迎えました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
リンク